2011年06月30日

『花咲くいろは』ブルーレイの感想は?

花咲くいろはをご覧になった方の感想をお聞き下さい。


【『花咲くいろは』の感想 】


単に、朝ドラマ風なだけでなく、

『花咲くいろは』は朝ドラマでは出来ないことも

やってくれている感じで、ありだと思います。

演出各所における、さり気ない小技など

予想外のことに驚かされることがあり、楽しいです♪

後、主人公「松前緒花」の性格と声優「伊藤かな恵」との

シンクロ率が高く、非常に魅力的だと思います。


(本感想は、販売元のレビューから引用させて頂いております)


花咲くいろはの感想は、どうだったでしょうか?


アニメ『花咲くいろは』は、16歳のヒロイン・松前緒花が、母に置き去りされ、

全く面識の無い祖母・スイの温泉宿「喜翆荘」に住込みで働きながら学校に通うこと

になるというのが、物語のスタートです。

温泉宿があるのは、石川県の湯涌温泉で、そこが舞台になっています。

これだけで、母や祖母との関係がどうなっているのか、父親はどうしたのか

興味が湧いてきます。

これだと、NHKの朝ドラをイメージするような『花咲くいろは』のストーリーですね。

でも、緻密な作品作りに定評のある「P.A.WORKS」だけに、全9巻ある

『花咲くいろは』ブルーレイで、感想にあったように朝ドラにはない

面白さを見せてくれますよ。

なお、花咲くいろは【ブルーレイ】の特典がついた初回生産限定版は

数に限りがあるので、ご注意を!

 花咲くいろは【ブルーレイ】の口コミをもっと見たい方はこちら



posted by 花咲くいろは at 22:00| 『花咲くいろは』の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。