2011年06月28日

『花咲くいろは』の聖地・湯涌温泉

『花咲くいろは』は、主人公は16歳の女子高生・松前緒花です。

いいかげんな母親の思いつきから単身、

東京から遠くアニメの聖地となる石川県金沢に引っ越すことに。

ここには、祖母・スイが経営する温泉旅館「喜翆荘」があり、

仲居として働きながら、高校に通うことになります。

16歳の女の子にとって大変な状況でも、明るく活発で前向きな性格なので

色々なカルチャーギャップに戸惑いながら打開していくのです。

全く面識のない祖母であっても、普通のお祖母ちゃんなら孫が困ってくれば、

可愛くてたまらないとおもうのですが、仲居として働きながら学校に通います。

母や祖母、また父親の存在など、何かいわくありげです。

『花咲くいろは』は、NHKの朝ドラ風にも思えますが、

それだと人気がでませんから

さすが、「P.A.WORKS」のつくったアニメです。

やはり一味違います。


温泉旅館「喜翆荘」があるアニメ『花咲くいろは』の聖地は、

石川県「金沢の奥座敷」の湯涌温泉です。

ここは、開湯1300年で、昔はお殿様の湯浴び場だったそうです。

湯涌温泉で観光行事となっているのが「氷室」です。

1月末に氷室仕込みが行われ、6月30日氷室開きするとか。

『花咲くいろは』はこの聖地「湯涌温泉」で、主人公が悪戦苦闘しながらも、

新しい生活に馴染んでいことします。

『花咲くいろは』ブルーレイでぜひ、この青春物語を堪能ください。


なお、初回生産限定版には特典として

フルカラーブックレット「花いろノートブック」などがついていますので、

より愉しめます。



 花咲くいろは【ブルーレイ】初回生産限定版はこちら


posted by 花咲くいろは at 23:00| 『花咲くいろは』の聖地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。